子供の歯を虫歯から守れ!ブリアンと他の歯磨き粉の効果と違い

ブリアンと歯磨き粉

 

子供を虫歯にさせたくない!と思っても、歯磨きをしてくれなくて苦戦している
ママは少なくはありません。

 

ブリアン歯磨き粉を使うだけで歯磨きをしてくれるようになったなんて聞くと
そんな嘘みたいな話と思うけど、もしこれが本当だとしたら???

 

ぜひ試してみたいと思いませんか?

 

でも、今まで色々な歯磨き粉を試してみたけど全然ダメで・・・と、ブリアンでも
無理かもしれないなと不安になるかもしれませんが、ブリアンは他の歯磨き粉とは
ちょっと違うんです。

 

まずは、その違いを簡単にまとめていきます。

 

→ブリアンの効果を最大限にアップさせるには?


 

 

ブリアンと他の歯磨き粉の違い

 

界面活性剤・研磨剤・発泡剤などが入っていない

ブリアンは毎日安心して使えるように、成分にもこだわっています。
歯を守ること、虫歯予防ができること、嫌がらずに歯磨きをすることなど‥、
すべてを考えて余計な成分を配合していません。

 

フッ素が入っていない

子供用歯磨きに限らず『フッ素配合』の歯磨き粉は多いですが、ブリアンには
使用されていません。

 

虫歯菌を除去できる

虫歯菌除去成分の「BLIS M18」で、口内の虫歯菌や歯垢を除去します。
奥まで磨けなかったり、仕上げ磨きをさせてくれなくても効果があります。

 

粉状の歯磨き粉

歯磨き粉はジェルやペーストが多いですが、ブリアンは粉状なのでガーゼなどにつけて
赤ちゃんに使うことができます。

 

水でゆすがなくてもいい

うがいが出来なかったり、唾液を飲みこんでしまったり、上手にできないお子さんでも
水でゆすがなくていいので安心です。
歯の生え始めの赤ちゃんでも早い段階から歯磨き習慣を身に着けることができます。

 

 

他の歯磨き粉との大きな違いはこの5つです。

 

フッ素は虫歯予防の定番だと思ったのに配合していないとか大丈夫なの?とか、
「BLIS M18」は聞きなれないからちょっと不安とか、いろいろな意見があるかと思います。

 

毎日使うものだから成分にはこだわっている!と言う人もいるかもしれませんが、
本当にその歯磨き粉は安全か、虫歯予防の効果はあるのか、と聞かれたらどうでしょう。

 

ブリアンは歯磨き粉の中でも世界で初めて虫歯菌除去成分の「BLIS M18」を
配合しているので、これまで難しかった虫歯ケアができるのです。

 

また市販の歯磨き粉は実は「子供は歯磨き粉を使わない方がいい」と言われて
しまうくらいの成分が使用されている可能性があります。

 

なので、歯垢や虫歯菌除去効果だけでなく、安全性でもブリアンは選ばれているのです。

 

→ブリアンについてもっと詳しく

 

ちょっと待って!無添加でも合成界面活性剤の危険あり!

 

歯磨き粉と界面活性剤

 

子供用の歯磨き粉を選ぶうえで、ちょっと知っておいて欲しいことがあります。
それは、体に良いとは言えない以下2つの原材料が含まれていないかということです。

 

まず、ひとつめが界面活性剤のこと。

 

無添加の石鹸も水と油をなじませている界面活性剤のようなものなのです。

 

界面活性剤はたくさんの種類がありますが、すべてが悪いと言い切れるわけでなく、
問題なのは「合成界面活性剤」で、これが不使用かどうかを確かめる必要があります。

 

洗浄・発泡剤として、子供用歯磨き粉にもラウリル硫酸ナトリウムが使われていることが
ありますが、これが合成界面活性剤で、飲みこまなくても口内粘膜から吸収されて
目の裏や肝臓、子宮などに蓄積します。

 

「うちのは無添加だから大丈夫!」

 

そう思うのは間違いで、界面活性剤には表示義務がないので何も書かれていなくても
使用されていることがあります。

全成分を確認するか(合成)界面活性剤不使用のものを選んでください。

 

合成界面活性剤「ラウリル硫酸ナトリウム」以外にも、人工甘味料や香料や着色料など、
お菓子や食べ物に入っていないか確認するようなものが入っている可能性もあります。

 

1回だけお菓子を食べるよりも、少しずつでも毎日朝晩の歯磨き粉に使い続ける方が
体内に入る量は多くなるので気をつけましょう。

 

 

そしてもうひとつは研磨剤。

 

子供用歯磨き粉には入っていないものもありますが、麦茶なども着色汚れの原因になるので、
汚れを取るのに研磨剤入りのものがいいと考えるかもしれませんが、これは間違いです。

 

研磨剤はエナメル質を傷つけてしまうので、その傷が余計に着色しやすくさせてしまうため、
歯の色が気になるのなら歯医者に相談することをオススメします。

 

子供のうちからこんな歯磨き粉を使っていたら・・・

 

そんな想像をすると、怖いと思いませんか?

 

実際に子供の頃から虫歯が多くて、知覚過敏や歯肉炎などが気になると言う人は、
お子さんと一緒に歯磨き粉を選び直すと良いでしょう。

 

もちろん!数年後のお子さんの歯のことを考えて、早めにお子さんの歯磨き粉は
安全なものを
選んであげてくださいね。

 

 

実は知らないフッ素のこと~メリット・デメリット・副作用

 

歯磨き粉とフッ素

 

子供用歯磨き粉を選ぶのに「フッ素入りの物を選びましょう」と言われることがありますが、
ブリアンはフッ素が入っていないので大丈夫なの?と思う方もいると思います。

 

でも、そもそもフッ素ってどんな役割をするか知っていますか?

 

まず、2つのフッ化物があります。

 

フッ化ナトリウム

歯に直接効果がある。
健康な歯をさらに強くする効果がある。

 

モノフルオロリン酸ナトリウム

唾液で分解することで効果がある。
歯の奥まで浸透するので、虫歯や治療中の方にオススメ。

 

簡単に言ってしまえば、メリット・役割は「歯を強くすること」

 

毎日フッ素入りの歯磨き粉で歯磨きをして、歯医者などでフッ素塗布をして。

 

それでも虫歯になるのは、虫歯菌を除去しているわけではないからです。

 

虫歯予防になるとしても、歯垢は虫歯菌のエサだから磨き残しがあれば虫歯菌は増えるし、
徹底して頑張ったとしても正直フッ素には限界があります。

 

そして、このフッ素。

 

使用量が決まっていて中毒症状を起こす危険性もあるし、歯磨き粉も飲みこまないように
しないといけません。

 

デメリットは「過剰摂取による副作用もある」「予防効果は・・・」

 

まだまだ日本の歯磨き粉にはフッ素配合の物がたくさんありますが、海外ではフッ素で予防を
しない国も増えています。

 

 

では、キシリトールはどうなの?

 

ブリアンの成分

 

海外では禁止されていたり、逆に良いと言われるものが日本に浸透するまでには時間が
かかります。

 

最近では日本でもすっかりおなじみになった代表と言えば「キシリトール」

 

歯磨き粉に配合しているものもありますが、今回はガムのお話を。

 

キシリトールガムは虫歯予防にいい!と思っているかもしれませんが、
ただ噛むだけでも効果的な方法があるって知っていますか?

 

食後30分以内に噛む
キシリトール成分は50%以上でなければ虫歯予防効果がない
歯垢を落すために歯磨き前に噛む
最初に出る唾液は口内に留まらせ、できるだけ飲みこまない

 

「2粒同時に1日4回、1回20分間を目安に~」など、実は噛み方が書いてあるので、
それを守ることが歯垢を落しやすくしたり、歯を強くしたりと虫歯予防効果が期待できます。

 

きちんと吐き出せる年齢ならお菓子を食べるよりもキシリトールガムを食べる習慣の方が
断然いいのがわかりますよね。

 

→赤ちゃんの虫歯予防について


 

 

BLIS M18のこと~メリット・デメリット・副作用

 

フッ素やキシリトールに比べると、日本ではまだまだ知名度がないのが「BLIS M18」

 

ブリアンに配合されている成分なのですが、この成分の最大の効果が虫歯菌除去で、
海外ではすでにその効果が認められて、商品が販売されています。

 

フッ素やキシリトールにしてもそうですが、日本はちょっと遅いのかな?と言う気もします。

 

実際に知られていないものだから「大丈夫?」と不安になってしまいますが、
世界で2%の子どもが保持している菌で、口の中に入った虫歯菌を減らしてくれるという
優れた効果があるのです。

 

もともと2%の子の体内にいるということで、当然副作用はありません!

 

 

また、今まで仕上げ磨きを嫌がって細かいところまで歯磨きが出来ずに苦戦した方も、
「BLIS M18」は粒子が細かいので、歯の隙間に自然と入り込んでくれます。

 

ブリアンの効果

 

奥までしっかり入って歯垢や虫歯菌を退治してくれれば、親だって毎日イライラして
歯磨きに苦戦しなくて良いし、子供だってイヤなことをされない歯磨きなら自分で楽しく
磨くこともできますよね。

 

もちろん、飲みこんでしまっても問題がないので、テレビを見ながらジックリ歯磨きを
してくれれば虫歯予防にも繋がります。

 

歯磨きに合わせた本や歌などを活用すれば、歯磨き習慣を手軽に作ることができるし、
美味しいイチゴ味で、2~3分なんてあっという間ですよね。

 

 

ただし、ちょっと気を付けてほしいことがあります。

 

デメリットは「BLIS M18」が、とても弱い菌だと言うこと。

 

とはいっても、普通に歯を磨けば生きたまま菌を届けることができるのですが、うがい薬や
他の歯磨き粉と併用すると、殺菌剤や界面活性剤などの他の成分によって死んでしまいます。

 

先ほども話しましたが、界面活性剤などは良くない成分なので、ブリアンを使うときは
他のものとの併用はやめましょう。

 

「泡が出ないからいまいち」と思うかもしれませんが、泡は磨き残しを隠してしまって
虫歯の原因を作ったりと良くないことばかりです。

 

 

あともうひとつ、デメリットと感じる人もいるかもしれませんが、「BLIS M18」・・・というか、
ブリアンの価格が高いところでしょうか。

 

ただ、「BLIS M18」の効果や成分のことを考えたり、意味のない虫歯予防や虫歯になって
歯医者に通うことを考えれば高いとは言い切れない
かな?と感じます。

 

初めてで試す時も60日間返金保証があるし、定期購入でお得にもなりますしね。

 

矢印

ブリアンの購入

 

まとめ

 

ブリアンと他の歯磨き粉の違いは「虫歯予防」効果というのがわかりますよね。

 

虫歯予防と簡単に言うけど、実際直接的に虫歯菌を除去できるのは「BLIS M18」で、
一般的に有名なフッ素やキシリトールについてもどんな働きがあるか知らないことが多く、
だからこそ虫歯になってしまうのです。

 

子供のために一生懸命頑張ったとしても、時間をかけたのに虫歯になってしまえば
ストレスがたまるばかり。

 

そうならないためにも、虫歯予防に対する正しい知識が必要なのです。

 

親子で歯磨きが苦痛&ストレスにならないためにも、「BLIS M18」配合のブリアンで
虫歯菌除去の虫歯予防習慣を始めてみませんか。

 

 

ブリアンと歯磨き粉