虫歯にさせないために赤ちゃんからできる虫歯予防

赤ちゃんの虫歯予防

 

赤ちゃんの歯のケアは「○ヶ月から」というアドバイスがありますが、
歯が生えるのには個人差があります。

 

そのため、同じ誕生日の子でも数本生えている子もいれば、0本の子も。

 

「うちの子、遅いのかな」と不安になる人もいるかもしれませんが、
中には1歳過ぎてやっと生えてくる子もいます。

 

目安として

『生後1年以上で生えてこない場合は、歯科に相談しましょう』

 

 

また、早い子は3ヶ月くらいで遅い子は1歳とかなり差があるので、
月齢で歯のケアを考えるのは難しいですよね?

 

歯が無ければ、歯ブラシで磨くことはできないのですから。

 

そのため、歯の成長に合わせたお手入れが必要になります。

 

ただ、歯が生えていないから虫歯菌の心配はないと歯磨きをしないのではなく、
歯が生えていない時から口の中を触ることは、後々の歯磨き嫌いを防げます。

 

 

歯磨き前の習慣!まずは拭くことから始めよう

 

歯が生えていなくても離乳食をはじめたり、歯が生え始めたタイミングに合わせて、
ガーゼなどで口を拭くことから始めましょう。

 

濡れたガーゼを使う以外にも、歯磨きシートが販売されています。

 

ベビー用の歯磨きシートは、香料・着色料・防腐剤などが使われていないものが
オススメです。

 

ほとんどのものが「ノンアルコール」ですが、ノンアルコールかどうかも
一応確認してくださいね。

 

ガーゼや歯磨きシートは、赤ちゃんの歯が生え始めてしばらくしてからも使えます。

 

お出かけの時も便利ですし、仕上げ磨きを嫌がる場合にも使うことができますが、
歯が生え始めたらシートよりブリアンをガーゼにつけて磨くことをオススメします。

 

成分はもちろんですが、虫歯菌除去効果があるので虫歯予防には最適です。

 

歯磨きの準備として口の中をキレイにしたり、慣れさせる目的なら良いのですが、
虫歯予防が目的ならガーゼで拭く程度では虫歯菌を防ぐことはできません。

 

また歯ブラシの違和感を嫌がる子もいるので、ガーゼやシート以外に歯ブラシも
慣れておくと、後々が楽です。

 

>>ブリアンと他の歯磨き粉の違いは?

 

乳歯用の歯ブラシの選び方

 

赤ちゃんの虫歯予防

 

赤ちゃん用の歯ブラシは口の中に入れて慣れさせるオモチャのようなタイプもあれば、
指サックのように親が指に使うタイプもあります。

 

だいたいの月齢が書いてありますが、月齢よりも歯の数や状態に合わせて
選んでいくと良いでしょう。

 

小さなうちは自分で磨けませんが、興味を持ち始めると自分で磨きたがります。

 

そういうときは、自分のお気に入りの歯ブラシをひとつ買ってあげてください。

 

安くて良いので、月齢(歯の状態)に合った歯ブラシでお気に入りのものを与え、
噛んだりしても怒らず、まずは音楽とかに合わせて習慣にしましょう。

 

自分で磨いた後には仕上げ磨きが必要になりますが、嫌がってしてくれないことも。

 

嫌がるならある程度は仕上げ磨きはシートを使っていても良いのですが、
褒めながら少しずつブラシで磨くようにしてください。

 

親が使う仕上げ磨き用の歯ブラシは、磨き残しの多い奥歯が磨きやすいものを
選ぶのがポイントです!

 

磨きやすい工夫がされている仕上げ磨きブラシも販売されていますので、
上手に活用しましょう。

 

 

まとめ

 

赤ちゃんの歯磨き習慣は、歯が生える前から始めても早くはありません。

 

スムーズにステップアップしていくことが出来れば、虫歯予防もしやすくなるので、
まずは歯が生えていない時からガーゼやシートで始めましょう。

 

歯が生え始めて赤ちゃんの歯のケアをしっかりしたいなら、白湯でも虫歯予防になるので、
『授乳後に1日2回は歯磨き、それ以外は白湯』

 

上記を習慣にしてみてはどうでしょうか。

 

ただし、ガーゼも歯ブラシも最初は嫌がったら無理にしないでくださいね。

 

>>赤ちゃんでも使えるブリアンはこちらから