昔とは違う!?今の正しい歯磨き習慣を知ってますか?

ブリアンで正しい歯磨き

 

子供の時から始めて、大人になっても習慣となるのが「歯磨き」です。

 

しかし、この歯磨きの正しい方法というのは変わっていったり、賛否両論でどれが正しいか分からないものまであります。

 

例えば、歯磨きをするタイミング。

 

食後と言うイメージがありますが、食前が良いと言う話もあります。

 

食前が良いと言われる理由は『汚れ=プラーク』

 

口の中の菌を減らしておくことで酸性度は低くなり、ダメージも受けにくくなります。
また、プラークが減っていることで食べかすの影響も少ないです。

 

逆に食後が良いと言われる理由は『汚れ=食べかす』

 

確かに朝は細菌が繁殖しているので食前に磨くのが良いかもしれませんが、
汚れをためないためには食後の歯磨きも大切に感じますよね。

 

ただ、食前・食後の両方に歯磨きをするのは・・・って思いませんか?

 

それなら、朝起きたらうがいをして食後に歯磨きをすると良いでしょう。

 

またこの他にもブリアンで歯磨きをする時には、虫歯予防効果をアップするために
正しい歯磨きをしていきましょう!

 

>>ブリアンで歯磨き以外にも大切なことは?

 

 

食べたらすぐ歯磨きはNG!

「食べたらすぐ歯磨きをしなさい」なんて言われていたかもしれませんが、今は違います。

 

ブリアンで正しい歯磨き
唾液がエナメルを硬くする再石灰化と言う働きがあるので、食後15~30分してから
歯を磨くようにしてください。

 

 

歯磨き後にしっかりゆすぐのはNG!

よく歯磨きをしたらゆすぐって言いますが、お口の中にたくさん水を含んでいませんか?

 

実はうがいに必要な水の量は10cc程度と、とても少ないのです。

 

ブリアンで正しい歯磨き
ブリアンで歯磨きをする時は水でゆすがずに唾液を出すだけでも良いので、
ゆすぐ場合は歯磨きの効果を最大限に活かすために、1回だけ軽くゆすいだら終わり
しましょう。

 

 

1日3回、回数での歯磨きはNG!

昔は1日3回、食後の歯磨きと言われていましたが、今は3回の歯磨きよりも1回の歯磨きを
しっかりすることが大切だと言われています。

 

いわゆる量より質ですね。

 

ブリアンで正しい歯磨き
小さなお子さんの場合は特に歯磨きが大変な場合もあるので、朝夜の習慣にして
夜の寝る前の歯磨きは仕上げ磨きもして丁寧に磨くことをオススメします。

 

また歯が生え始めたばかりの赤ちゃんは、ガーゼで歯磨きになれる以外には
授乳後に白湯やお茶を飲むと良いでしょう。

 

 

まとめ

 

「1日3回食後の歯磨き!」

 

「歯磨き粉が口の中に残らないように、しっかりゆすぐ!」

 

子供の時にこんなことを言われて育ったかもしれませんが、時代が変われば研究も進み、歯磨きも変わります。

 

虫歯のことを考えてブリアンで歯磨きをしようと選んだのであれば、やはりきちんとした
虫歯予防を
していくことが大切です。

 

上手く磨けないと言う場合には歯医者さんで検診をしてもらい、ポイントを教えてもらうと
磨き残しや上手な仕上げ磨きができるようになります。

 

他の歯磨き粉とは違う安全性が高い歯磨き粉だから、正しく使って良い習慣を心がけましょう。

 

>>虫歯をゼロにしたいなら、いつから始めるべき?