ブリアンプラスα歯磨き以外でできる子供の虫歯予防

ブリアンと虫歯予防

 

ブリアンは虫歯菌除去に優れた歯磨き粉ですが、虫歯予防はどれもが100%と
言うわけではありません。

 

例えば、いくら除去をブリアンが頑張ってくれたとしても、大人がキスをしたり、
一緒のスプーンを使ったり、フーフーや咳、顔の近くで話すだけでも感染する
なんて言われているんだから、回避するのは難しいです。

 

親が神経質になったとしても、外に出れば感染する可能性だって
たくさんあるのです。

 

また、できるだけ避けていたとしても保育園や幼稚園に行ったらどうでしょう。

 

「ダメですよ」と言われても、お友達のコップや水筒から飲んでみたり、
顔を近づけてお話をしたり、虫歯菌が感染する確率はさらに増えてしまいます。

 

あれもこれもダメ!と言うのも限界があるから、虫歯菌を除去してくれるブリアンは
優れものなのですが、ブリアン任せにするのではなくちょっとした工夫をすることで
さらに子供の虫歯を予防することができるのです。

 

では、ブリアンで歯磨きする以外にどんなことをしたらよいのでしょう。

 

実はとても簡単なことで虫歯予防効果がアップするのです。

 

>>虫歯菌がわかる!?虫歯菌検査とは?

 

 

食生活で歯を育てる

虫歯予防と食生活

食生活で栄養バランスを良くして、しっかり噛むことは健康な歯を育てるだけでなく、歯並びや噛み合わせも良くなります。

 

また、規則正しい食生活は食事の内容だけでなく時間も大切で、ダラダラ食べるのは良くありません。

 

糖分やオヤツやジュースは避け、離乳食からしっかり噛むことを覚えていきましょう。

 

 

白湯は年齢問わずオススメ!

虫歯予防と白湯

授乳後に白湯がいいと言われますよね?

 

実はこれって年齢に関係なく言えることなので、寝る前の虫歯予防習慣として白湯を飲む習慣を続けていくと良いですよ。

 

またこの寝る前の白湯は大人にもかなりオススメ!

 

ダイエットやデトックス、便秘解消や健康にも良いので、ぜひお子さんと一緒に習慣にしてみては
どうでしょう。

 

 

キシリトールを上手に活用しましょう

虫歯予防とキシリトール

食後のキシリトール習慣は、虫歯予防にとても効果的です。

 

ガムが食べられるのなら、食後にガムを噛んでから歯磨きをする習慣にすると、唾液が再石灰化と虫歯菌を洗い流してくれるのでオススメです。

 

 

食後すぐに歯磨きをしてしまうと、唾液による再石灰化がされないので30分後くらいが
良いのですが、この間にキシリトールを摂取すると、虫歯菌を減らすことができます。

 

小さなお子さんでガムが食べられない場合はタブレットが良いですよ。

 

 

歯医者さんを味方にする!

虫歯予防と歯医者

子供の虫歯予防や対策はやはり専門家が一番です。

 

ブリアンで虫歯予防をしていたとしても虫歯になる可能性はゼロではありませんが、初期虫歯や歯の状態を素人では確認ができません。

 

また歯医者に検診に行くことで痛くないことに慣れておけば、後々が楽です。

 

虫歯で痛い思いをしてしまうとトラウマになるので、その前にかかりつけを見つけて
おくと安心ですよ。

 

 

まとめ

子供の虫歯予防はちょっとしたことが積み重ねになります。

 

ブリアンの歯磨きを習慣にするのと同じで、

食生活
白湯
キシリトール
かかりつけの歯医者を見つける

 

上記の4つも一緒に心がけましょう。

 

日々の予防が、虫歯のない子を育てます。

 

ブリアンに頼り切るのではなく、大きくなってブリアンを使わなくなったあとも
虫歯に悩まない生活を送るために、子供の虫歯予防を身に着けてくださいね。

 

 

ブリアンと虫歯予防