ブリアン歯磨き粉を使うなら大人も気を付けなければいけないこと

ブリアン歯磨きと大人

 

ブリアン歯磨き粉を子供に使う時には大人も気をつけなくてはいけないことがあります。

 

せっかく子供が虫歯菌除去成分で虫歯菌除去を習慣にしたとしても、
感染させたり、増やすようなことをしていては意味がありません。

 

虫歯にさせたくないという気持ちでブリアン歯磨き粉を使うなら、大人も協力して
虫歯予防をしていく必要があります。

 

虫歯菌はいろいろなところから感染するから感染は避けられないかもしれませんが、
それでもできるだけ気を付ければ、虫歯になるリスクも下げることができるのです。

 

では、ブリアン歯磨き粉を使っている時に大人が気を付けた方が良いこととは
どんなことがあるのでしょうか。

 

 

子供のためを思うなら、親の虫歯からなくしていくこと!

 

子供の歯の検診は行っているけど、自分は行っていない。

 

そんなママさんが多いですが、両親が虫歯になりやすかったり、虫歯を放置してては
いくら子どもが虫歯菌除去をしても良い環境とは言えません。

 

どんなに頑張っても虫歯になる・・・

 

そんな虫歯になりやすいお子さんの親の虫歯菌検査をしてみたら、
親に問題があった!

 

なんていう話もあります。

 

ブリアン歯磨き粉で大人も一緒に虫歯予防をする方法も良いですが、まずは虫歯を治し
虫歯になりやすいのであれば、虫歯菌検査をしてお口の中の状態を知ることが大切です。

 

>>虫歯菌検査についてはこちら

 

妊娠中の方もこれは同じで、赤ちゃんが生まれる前に両親が口内環境を良くすることで、
生まれてきた赤ちゃんにできるだけ虫歯菌を感染させないようにすることができます。

 

もちろん、虫歯がゼロでも感染しないように気をつけなくてはいけませんが、
一番身近にいる親の口の中の状態によって、子供の虫歯も変わってくるので、
しっかり注意しましょう。

 

 

親の食生活で子供の成長が大きく変わる!

 

ブリアン歯磨きと大人

 

太った両親の子どもも太っている。

 

そんな親子の食生活を見ると、高カロリーで大食いだったりしますよね?

  • 親が3時のおやつに何をあげるか
  • 夜でも家族で食後のおやつを食べるのか
  • 甘いものやジュースが大好きか

 

こんなことでも虫歯になりやすいかどうかが変わってきます。

 

親が炭酸ジュースを飲まない家と言うのは、友達と遊ぶようになるまで炭酸を飲むことが
ほとんどありませんよね?

 

自分の食べるものでカロリーや原材料に気を付けているのなら、子供の食べるものにも
気を付けるはずです。

 

小さなうちは、食べるものは子供の意思ではなく『親が与える』ものなので、
親次第で変わります。

 

虫歯にさせたくないと思うのなら、甘いものは量や質、食べる時間を考えてあげることで、
虫歯になりにくくなります。

 

保育園のオヤツやインターネットの手作りおやつレシピを参考にしてみると良いでしょう。

 

 

まとめ

 

子供の歯というのは、親の影響がとても大きいです。

 

虫歯予防のためにブリアン歯磨き粉に変えたら、大人も協力をしてあげないと、
虫歯になりやすい環境を変えることはできません。

 

虫歯菌や歯垢を除去しているから大丈夫!ではなく、親の虫歯や虫歯になりやすい状況を
変えていくことが大切なのです。

 

ブリアン歯磨き粉だけに頼り切らないこと!

 

「効果がないわ!」なんてならないように、虫歯予防をしっかりしていきましょう!

 

>>ブリアンと一緒にしたい虫歯予防法